笹尾海水浴場(庵治町)へ子供を連れて行ってきました
/出席簿/掲示板/チャット/免責事項/

笹尾海水浴場(庵治町)

 子沢山の我が家では夕方ともなると戦場と化します。とにかく『うるさい!』時刻は午後5時45分。姫のヒステリータイムの時間です。あまりの煩さに仕事も出来ません。大泣きしている三男坊主に理由を聞くと、「暑い〜」。はぁ〜・・・・・仕方ないので「海でも行くか?」。息子三匹従えて海に行く事になりました。予算は0円!。どうせ行くなら綺麗なところへ。という事で『庵治町の笹尾海水浴場』へ行く事にしました。到着したのは午後6時過ぎ。日暮れまでの約束で放置ブレ〜開始です。(おのおの好き勝手にやってくれや・・・)と思うまもなくダッシュしやがってます。見事な程に自由に生きてやがってます。
 まだシーズン前だったので犬の散歩、釣り、そして黄昏れているカップル。静かなものです。我々を除いては。男の子が、泳げもしない海でする行動はただ一つ、それは『海に向かって石を投げる!』。はい、三人でひたすら石を投げています。「ここまで飛んだよ。」「もっと飛ばすぞ!。」しだいにエスカレートして、『石投げ大会』になっています。私は、ボ〜っと子供ウォッチングです。たまにはこんなのも良いですね。時間がゆ〜くりと流れて行きました。ずっと昔、自分の親もこんな風に見ていたのかもしれません。
 若いカップルがこちらに向かって真っ直ぐやって来ました。三匹に「石を投げるな!」と指示を出します。当たったら大変ですから。そのカップルの目標は・・・・・私のようです。目の前に立ちはだかる兄ちゃん。
「神社何処ですか?」。
(・・・・・知らんがな・・・)
「地元で無いので分からんネェ」と答える。
二人で困ったような顔をしていました。
「何ていう神社?。」
「・・・・」。沈黙。
「ブランコがある神社です。」
(ブランコ・・・・ブランコ・・・・白い?)
「・・・・あ!世中かえ?おまいさん?」
少し照れながらうなずく兄ちゃん。
手短に場所の説明をしました。
「暗くなるから早めにいった方が良いよ。」
しばらくは海を見てから行くようでした。
若いっていいなぁ〜。
久々に「世界の中心で愛をさけぶ」見てみようかな?。
 一方、三匹は『海の生物観察』が始まっています。「カニがいた!」とか、「魚がおった」とかそうりゃもう大騒ぎさぁ〜!。長男が大きな巻貝を拾ってきました。昔は色々な貝殻がそこら辺中に転がっていたのですが最近は珍しくなりました。魚も入れ食いだったんですがねぇ。
 今、その貝がらは長男の机の上に転がっています。明日になると「臭い!」と言われて捨てられそうですが。
 こちらの海水浴場は海開きすると海の家もあります。出店もあります。子連れが多いので、小学生のお子さんがいるご家庭ならもってこいです。
 恋人と行くのから『世中ロケめぐり』も一緒にして見てはいかがでしょう?。
関連情報
名代手打うどん味呂(木太郡庵治町)

【2005/06/25】ライター:トシ
MENU
トップページ
イベント情報MENU
観光・遊ぶ
海水浴情報
プール情報
花火情報
香川の宿情報
さぬきうどん
さぬきのお土産

写真館

こんな時間から・・・海

はい、看板です。

反対側はこんな風景

海は綺麗でした。

絵になるのはおまいさんだけだね。
【PR】 ハンドヒールでお肌を整えるエステサロン-SENSE DOOR-(高松市番町1-2-19安西ビル1階)
ページトップへ
当サイトはリンクフリーです。ご連絡の必要もございません 
copyright(c) 2004 saukiiko.com. All Rights Reserved